>

仕事の数だけ稼げる、スタイリストの給料事情

給料事情

スタイリストの仕事はとても大変で、その分に見合った給料がもらえるようなイメージがありますが、実はそこまで高収入の仕事でもありません。
事務所所属の場合は固定の給料をもらえますが、フリーランスの場合は歩合制になります。
歩合制の場合、仕事がなければ無収入になります、つまりスタイリストは、仕事の数だけ稼ぐことができる仕事なのです。 事務所の固定給でも、平均して200万?500万くらいの年収なので、あまり高いとは言えません。
しかし、フリーランスのような歩合制だと、仕事が舞い込めば舞い込むほどお金がもらえます。
年収が1000万を超えるケースも珍しくありません。

稼ぐスタイリストはほとんどフリーランス

テレビや雑誌などに露出しているレベルのスタイリストは、ほとんどがフリーランスか、自分で事務所を運営している人達です。
フリーランスだと、クライアントから直接仕事や報酬をもらえるので、事務所の固定の給料よりも高い収入が期待できます。
もちろんそれに見合った仕事をこなす必要があります。また、フリーランスは自分に見合ったスタイルで仕事ができますので、
自由に働いて自由に稼ぎたい人はフリーランスが向いているでしょう。 しかし、フリーランスは頂いた報酬から、交通費などの雑費、
アシスタントの給料を負担しないといけないので、手取りが少なくなることもあります。

安定した収入なら事務所所属

フリーランスは仕事があればあるほど稼げる仕事ですが、一方で仕事が来ないと全く収入が入らないというデメリットがあります。
安定した収入を得たいなら、事務所所属のスタイリストになることをおすすめします。
事務所所属の場合、事務所の正社員の扱いになりますので、一定した給料をいただくことができます。
また、保険や年金などが完備されていることもあり、働きやすい環境でもあります。
しかし、事務所の方針によって仕事が決まりますので、やりたい仕事が好きにできないデメリットもあります。
とにかく収入を安定させたい!と思っている人には事務所所属が向いているかもしれません。