>

スタイリストのアシスタントも大変な仕事

アシスタントの仕事

一流のスタイリストになるには、まず一流のスタイリストのもとでアシスタントとして働きます。
そこから実力を伸ばし、平均2?3年でアシスタントを卒業し、一人前のスタイリストとして活躍することになります。

そのアシスタントですが、スタイリストの補助をするということで、仕事も大変です。
ですが、その大変な仕事をこなすことで、一流のスタイリストに近づいていきます。
では、アシスタントがこなす具体的な仕事について紹介します。

常にスタイリストに同行

アシスタントはスタイリストの弟子のようなポジションですので、常にスタイリストとともに行動することになります。
一緒に打ち合わせに赴き、打ち合わせの書記を行うこともあります。
また、メイクなどの大きな荷物を運ぶ荷物持ちもアシスタントの仕事です。

スタイリストがスタイリング、コーディネートに集中できるように、他の雑用を行うのがアシスタントの大きな仕事です。
アシスタントの時点ではスタイリングに深く関わることはできませんが、スタイリストの仕事を間近で見られますので、
勉強になるのは確かです。

アシスタントに「リース」の仕事は欠かせない

アシスタントの仕事に欠かせないのが「リース」。
リースとは、撮影に使う衣装を借りることを指し、専門のお店に足を運んで衣装を取りに行く必要があります。

アシスタントはリースを請け負っているお店に連絡を取り、直接お店へ向かって衣装を取りに行きます。
使い終わった衣装を返却しに行くのもアシスタントの仕事です。
複数の店から借りることがありますので、どの服をどの店で借りたのかをしっかり把握しないとトラブルのもとになります。
アシスタントの失敗はスタイリストの失敗につながることになりますので、きちんと管理するようにしましょう。

撮影前の服の準備

撮影の日の前日から使用する服を調達し、それを綺麗にするのもアシスタントの仕事です。
一着一着にアイロンを掛けてシワを伸ばし、汚れがないかをチェックします。
また、雑誌に使う服は、値段とブランド名を掲載するために細かい情報を書き出してリスト化します。

一回の撮影で100着近くの服を使うことがありますので、撮影当日まで徹夜で作業することがほとんどです。
非常に体力を使う仕事ですが、それもアシスタントの使命です。